ブログ


春の七草

春の七草とは?

日本に古くからあった「若菜摘み」の風習と、

中国の人日(じんじつ:五節句の一・1月7日)の風習が合わさり、

1月7日に邪気を祓い万病を除くよう、七草入りのお粥を食べるようになりました。

江戸時代には端午の節句などの五節句のうちの一つ(人日の節句)となり、

幕府の公式行事とされ、一般にも普及しました。

 

七草かご

江戸時代に作られた1月6日に七草売りが売り歩いていました。

床の間に飾られた後に、七草粥の材料として食されました。

江戸川区では昭和30年頃から生産されており、

正月の縁起物として人気があります。

 

 

春の七草 寄せ植え

 

■スズナ

「鈴菜」と書き、鈴の形をした菜という意味です。

金町コカブは葛飾区金町周辺で4月に早採りできるように

改良されたといわれています。

金町一帯で盛んに生産が行われるようになり、

さらに東京から全国に広がっています。

 

■スズシロ

「すず」は涼しいの意味で、清々しい白い根という意味です。

亀戸大根は根が30cm程度の細い大根で、

先がくさび状に尖っているのが特徴です。

昭和初期まで江東区亀戸香取神社周辺で栽培されていました。

 

■セリ

湿地、水田などに群生し、

良い香りと歯ごたえは万人に好まれ、

代表的な山菜と言えます。

和名は、

新苗の沢山出る様子が「競り合って」いるようだから

名付けられたといわれています。

 

■ナズナ(ぺんぺん草)

道端や畑の畦などに生えるアブラナ科の二年草で、

果実の形が三味線のバチに似ていることから、

ぺんぺん草の愛称で親しまれています。

 

■ホトケノザ/コオニタビラコ

キク科のコオニタビラコを指します。

シソ科のホトケノザとは異なります。

「田平子」と書き、田の畦で葉を地につけ、

平たい草姿が仏の台座に似ていることから名付けられました。

 

■ゴギョウ/ハハコグサ

キク科のハハコグサのことを指します。

人里に普通に見られます。

母子の人形(御形)からついたようです。

流し雛のように使われたと考えられています。

草餅の材料ともされていたようです。

 

■ハコベラ/ハコベ

ナデシコ科のハコベのことを指します。

世界中どこにでも見られる越年草です。

早春から晩秋まで一年中花を咲かせます。

全国で100以上の方言で呼ばれています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.