ブログ


縁起の良い植物

縁起植物

アリドオシやヤブコウジ、カラタチバナ、

クササンゴ、ヤブタチバナとミヤマシキミなどの植物は、

それぞれ別名で、一両・十両・百両・千両・万両・億両と呼ばれています。

その実は、秋から冬にかけて熟して赤く色づきます。

一方で、その葉は寒い冬でも枯れることなく青く生えています。

そのため古来から、これらの青い葉と赤い実を付けた植物は、

「演技の良い植物」として庭などに植えられて、

正月の床飾りや生け花などにも使われてきました。

また正月を迎えると千両と万両、一両(アリドオシ)を並べて、

「千両万両、有り通し」と(語呂合わせで)縁起をかつぎました。

 

■一両(アリドオシ)

薄暗い林内に生えて、その高さは30〜60cmくらいにまで育ちます。

10月頃に赤い実をつけて、翌春まで残りますが、

千両や万両ほどを実をつけません。

長い棘が特徴で、葉と葉の間から伸びる鋭い棘が、

蟻さえも貫き通すというところから

「アリドオシ」という名付けられたといわれています。

 

■十両(ヤブコウジ)

山地の木陰に生えて、その高さは10〜30cmくらいまで育ちます。

葉には黄色や白の斑が入ります。

秋から冬にかけて赤い実をつけます。

庭植えや盆栽で利用されるため、栽培品種も多数あります。

また、正月の飾り物としても用いられます。

万葉集では「ヤマタチバナ」の名前で呼ばれました。

 

■百両(カラタチバナ)

樹林の谷筋などに生えて、その高さは20〜90cmになります。

11月から3月にかけて赤い実をつけます。

万両に似ていますが、葉とか実は万両よりも大きくなります。

百両の呼び名は、江戸時代に葉に斑が入った変わり物の栽培が流行して、

百両単位で取引されたことからついたといわれています。

 

■千両(クササンゴ)

暖地の林内に生えて、その高さは80cmほどになります。

観賞用に庭木や鉢植えとして栽培されており、切花としても楽しむことができます。

万両の実が下向きにつくのに対して、千両の実は上向きにつきます。

また、果実が黄色くなる「キミノセンリョウ」という品種もあります。

 

■万両(ヤブタチバナ)

山地の樹陰に生えて、その高さは50cm〜1mくらいにまで育ちます。

11月頃に大きな赤い実をつけて翌年の5月くらいまで残るため、

長い間に渡って楽しむことができます。

江戸時代から実色が異なるものや葉に斑が入ったもの、

縮れたものなど園芸化が進んだ古典園芸植物です。

 

■億両(ミヤマシキミ)

山地の林内に生えて、その高さは1〜1.5m まで育ちます。

12月〜2月にかけて赤い実をつけます。

枝葉がシキミ(常緑樹の一種)に似ていることからミヤマシキミと名付けられました。

葉は頭痛や目眩などに対する民間薬として利用されています。

庭木や生垣等においても使用されています。

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.