ブログ


汚部屋の掃除で運気がアップ?開運スポットも紹介!

招き猫

 

汚部屋の掃除で運気を上げよう!

 

この記事を読むための時間:3分

 

風水では、汚部屋に住んでいると運気が下がるといわれています。「部屋が汚くても別に気にしない」という人もいるかもしれませんが、精神面や健康面でもデメリットがあるようです。

汚部屋に住んでいると、運気や健康にどのような影響が及ぶのかをお伝えします。

 

部屋が汚いと運気が下がる

落ち込んでいる時や自己肯定感が低い時は、運気も下がります。落ち込んでいると自分に対する自信が持てず、チャレンジに対しておよび腰になるので、良い変化が生まれません。

目には見えない「運気」ですが、自信を持って前向きに生きている人に引き寄せられるものです。風水では、部屋を綺麗に整えることで運気がアップするといわれています。

快適な環境で気持ち良く生活することが、心身の健康に繋がり、運気にも影響を及ぼすのです。

 

掃除で運気アップ!4つの開運スポット

汚部屋を片付けて運気アップを目指しましょう。まず始めに取り掛かることは、「捨てる」作業です。

物を捨てると部屋に快適なスペースが生まれ、気持ちに余裕も出てきます。精神面にプラスの影響を与え、部屋の掃除もしやすくなります。

捨てる作業で部屋がある程度片付いたら、風水的に効果があるといわれる開運スポットの掃除もしていきましょう。

 

水回り

風水的には、毎日使用するトイレ・キッチン・バスを綺麗にすることで、金運を呼び込むといわれています。排水溝が詰まっていると、良くない運気が部屋に停滞して流れ出ていきません。

特に浴槽やトイレには悪い運気が集まりやすいので、綺麗に保っておきましょう。しかし、水回りはガンコな水アカやカビで汚れが落ちづらくなっているケースが見られます。

自分の手に余るような場合は、プロのハウスクリーニングに頼み、綺麗な状態に戻しておくことをおすすめします。

 

玄関

玄関は「良い運気を入れ、悪い気を出す」場所になります。そのため、玄関には多くの物を置かずにすっきりさせておくのが理想です。

普段使用しない靴が出ている場合は、シューズボックスに収納するなど、整理整頓を心がけましょう。また、ドアの外側も掃き掃除すると、良い運気を呼び込めます。

 

ベランダ

ベランダは、玄関と同様に運気の循環を促す場所です。ベランダを物置の代わりに使い、スペースが全くない状態の人もいますが、おすすめしません。多くの物を置くと、運気の入り口をふさいでしまうので片付けましょう。

また、マイナスの運気を浄化する方法として、ベランダに植物を置く方法もあります。

 

ドレッサー

ドレッサーを綺麗に保つことで、美容運や金運を高められます

元々、化粧は石器時代や古墳時代に神事の一種として行われており、神聖な行為でした。スピリチュアルな要素として始まっており、化粧品やドレッサーを綺麗に保つことで運気の上昇を期待できます。

使用しなくなった化粧品は思い切って捨て、収納をすっきりさせましょう。鏡が汚れている場合は、重曹水を含んだぞうきんで拭き、ピカピカにしてください。

 

汚部屋は心身の健康にも影響

運気・開運の側面から部屋を掃除するメリットを紹介してきましたが、汚部屋は心身の健康にも影響します。

精神面での悪影響は、汚部屋を見ることで自己肯定感が下がり、集中力が低下。健康面では、害虫やアレルギー症状の発生が考えられます。

汚部屋が体調不良の原因になっているケースもあるようです。心身の健康を保つ側面からも、部屋掃除は大切です。

 

目標があると掃除に前向きになる

明確な目標がなくて掃除に取り掛かれない人は、掃除するための目標を作りましょう。「コーヒーを飲みながらゆったりと読書や映画鑑賞したい」「趣味に没頭したい」でも良いので、前向きになれる目標を設定します。

また、友人を部屋に招く約束をすることで、掃除に強制力を働かせる方法もあります。

 

汚部屋の掃除で気分も前向きになろう

風水的には、綺麗に片付いた部屋が運気を高める基本になります。汚部屋を片付けて掃除すると、良い運気を流し込み悪い運気を出す、良い循環が生まれます。まずはいらない物を捨てて、すっきりさせてから掃除に取り掛かると良いでしょう。

綺麗に片付いた部屋は、運気だけでなく健康面にもプラスに働きます。綺麗な部屋で生活することで、気分も明るく前向きに変化していきます

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.