ブログ


【賃貸を退去時の掃除】コツを抑えて敷金を取り戻そう

【賃貸を退去時の掃除】コツを抑えて敷金を取り戻そう

 

【賃貸を退去時の掃除】コツを抑えて敷金を取り戻そう

 

この記事を読むための時間:3分

 

賃貸を退去する際に掃除をすると、敷金が返ってくる可能性があることをご存じですか?

 

入居する際に多くの方が払っている敷金ですが、主に部屋の清掃や修理費用などの担保として支払っています。そのため、賃貸を退去する際に自分で掃除をしていれば敷金を取り戻せるかもしれません。

 

この記事では、賃貸を退去する際の掃除範囲や掃除のコツを解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

賃貸を退去する前に掃除は必要か?

賃貸を退去する際は、掃除をしなければなりません。賃貸の入居者は「原状回復」の義務を負っており、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によって一定の基準が示されているのです。

 

「原状回復」とは、元の状態に戻すことを意味します。つまり、あなたが入居した際の状態に戻せば良いということです。ただし、時間経過による自然な劣化(経年劣化)や通常の使用で生じる消耗(通常損耗)については、回復の義務はありません。

 

賃貸の退去前に掃除すると敷金が返ってくるかも

多くの方が敷金を支払って賃貸に入居しますが、賃貸の退去前に掃除を行うことで敷金が返ってくる可能性があります。
敷金とは、住人が部屋を出た後に「原状回復」するための資金のことなのです。

 

入居時に敷金を払っていない方は関係ないと思うかもしれませんが、掃除をしないで部屋を出てしまうと、「現状回復」のための資金としてお金を請求されるかもしれません。

 

賃貸を退去する際の掃除のコツ

賃貸を退去する際の掃除は、「原状回復」を目指して行いましょう。場所ごとの掃除のコツを解説していくので、参考にしてみて下さい。

 

床・畳の掃除は溝や隙間までキレイにする

床や畳を掃除する場合は、溝や隙間に挟まったホコリまでキレイに取り除きましょう。フローリングは溝に沿って、畳は目に沿って雑巾で水拭きを行うとキレイになります。

 

水拭きを行う際は、雑巾を熱めのお湯で絞ると油分が溶けやすくなります。また、水分が残らないように硬く絞りましょう。

 

天井・壁の掃除は軽めにたたく

天井や壁を掃除する場合は、掃除機で表面のホコリを取り除いた後に雑巾でたたくように拭きましょう。家庭用中性洗剤を5%濃度に薄めて、雑巾に染み込ませるとより効果的です。

 

ただし、壁紙の種類によっては使えない場合もあるため、慎重に使用するようにしましょう。

 

窓の掃除はサッシまで怠らない

窓を掃除する際は、ガラス部分をキレイにするだけでなく、サッシまで掃除を行いましょう。結露や手垢によってサッシにカビが生えている場合は、塩素系漂白剤を利用すると取り除くことができます。

 

お風呂の掃除は水垢・カビを落とす

お風呂を掃除する際は、隅にある水垢やカビまでしっかり落としましょう。市販の洗剤を利用することで取り除くことができます。また、水垢はお酢を染み込ませたガーゼやサランラップを貼りつけて放置しておくと、中和されてキレイに落とすこともできます。

 

トイレの掃除は尿飛びをキレイにする

トイレの掃除をする場合は、便器や床、壁に付着した尿飛びまでキレイにしましょう。市販のトイレ用ウェットシートを利用することで、取り除くことができます。トイレの壁は腰よりも低い位置に尿飛びが付着しやすいため、ウェットシートで重点的に拭くようにしましょう。

 

賃貸の退去時は掃除で敷金を取り戻そう

この記事では、賃貸から退去する際の掃除のコツについて解説しました。
部屋を退去する場合は、入居してきた状態にできる限り近づけるように掃除をしましょう。解説した掃除のコツを参考にすれば、入居時に支払った敷金が返却されるかもしれません。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.