ブログ


セスキ炭酸ソーダ洗濯はつけ置きなし?その効果を徹底解説!

セスキ炭酸ソーダ,洗濯,つけ置き

 

セスキ炭酸ソーダ洗濯はつけ置きなし?その効果を徹底解説!

 

この記事を読むための時間:3分

 

セスキ炭酸ソーダの効果を知り、一度試してみようと検討している方もいるでしょう。その際に気になるのが、「つけ置きなしでもいけるのか」ということではないでしょうか。

そこで今回は、洗濯の際にセスキ炭酸ソーダを使用する場合、つけ置きなしでも大丈夫なのか詳しく解説していきます。また、セスキ炭酸ソーダの成分や効果、洗濯の仕方も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【結論】セスキ炭酸ソーダで洗濯する場合つけ置きなしでOK!

セスキ炭酸ソーダは、セーターやニットなど、洗濯機に普通に洗うと縮んでしまうものに対してもピンポイントに使用することも可能です。また、ワイシャツの襟汚れに対しても、ピンポイントに使用できます。

基本的に、洗濯の際にセスキ炭酸ソーダを使用する場合、つけ置きする必要はありません。なぜなら、セスキ炭酸ソーダはサラサラとした結晶状で水に溶けやすいという性質から、洗剤として使用すると高い洗浄効果を期待できるからです。とはいえ、汚れがひどい場合には、より効果を高めるために、つけ置きすることをおすすめします。

セスキ炭酸ソーダの成分と効果を紹介

セスキ炭酸ソーダとは「セスキ炭酸ナトリウム」とも呼ばれ、炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムが複塩として共存かつ安定している状態のアルカリ剤を指します。無機物ですので、微生物などによって無機物まで分解する生分解の必要はありません。そのため、有機物の合成界面活性剤と比べると、環境への負荷は低めだといえます。

セスキ炭酸ソーダは、白い粉末状のまま購入することが可能で、水に溶かしてもニオイはほとんどありません。また、重曹と比べてアルカリ性が高いことが特徴です。さらに、重曹よりも水に溶けやすい性質のため、研磨剤として使うことができません。

セスキ炭酸ソーダが汚れを落とす効果を発揮するものは、台所の油汚れ・皮脂や垢などの酸性の汚れです。また、タンパク質を溶かす効果も期待できるため、血液の汚れを落とす効果もあります。

 

セスキ炭酸ソーダで洗濯する際に必要なものと洗濯方法

セスキ炭酸ソーダで洗濯する際に必要なものは、水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ大さじ1杯だけです。洗濯方法も至って簡単で、普通に洗濯するのとそう変わりありません。では、セスキ炭酸ソーダを使用した洗濯方法を紹介していきます。

  • 洗濯機に洗濯物を入れる
  • セスキ炭酸ソーダを入れる
  • いつものようにに洗濯する

もし、汚れがひどい場合は、洗濯する前に3時間〜1晩程度つけ置きすると効果的です。さらに、完全に汚れを落としたい場合には、すすぐ前にクエン酸を小さじ1杯程度入れると良いでしょう。また、クエン酸には、柔軟剤のような効果も期待できます。

せっかく合成洗剤を使用しない洗濯方法に切り替えたのに合成の柔軟剤を使用するのはもったいないです。水400mlに対してクエン酸10gの水溶液を作り、1回の洗濯で20ml程度使用して洗濯すると洗い上がりがふんわりするためおすすめです。

白いシャツなどを洗濯したいという方もいるでしょう。その場合は、酸素系漂白剤を併用すると良いでしょう。漂白効果の他、殺菌・消臭効果もあります。そのため、定期的に使用しましょう。また、洗濯機の汚れを落とす効果も期待できるため、洗濯物を入れずに洗濯機を回して、一度洗濯機の中をキレイにすると、衣類などの洗い上がりもキレイになるでしょう。

 

まとめ

これまで、セスキ炭酸ソーダを使用した洗濯について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

セスキ炭酸ソーダは高い効果があるため、洗濯の際につけ置きなしでも十分にキレイにすることができます。しかし、汚れがひどい場合や、よりキレイに汚れを落としたい場合にはつけ置きすることをおすすめします。

今回紹介したように、セスキ炭酸ソーダを使用した洗濯は、いつもの洗濯の前にセスキ炭酸ソーダを入れるだけで完成です。簡単な方法で汚れをキレイに落とせますので、ぜひ試してみてください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.