ブログ


汚部屋の引っ越しは費用が高くなるって本当!?理由を詳しく解説

トラック

 

汚部屋の引っ越しは損ばかり!費用が高くなる理由

 

この記事を読むための時間:3分

 

汚部屋は、引っ越しの見積もりが高くなる可能性があります。どのような理由で、見積もりが高くなるのかを説明します。

また、汚部屋から引っ越しする際に起こる不利益や、退去時のルールをお伝えします。知っておくことで、トラブル防止に繋がるでしょう。

 

汚部屋の引っ越しは損が多い

引っ越し作業に入る前の段階で、業者による見積もりが行われます。しかし、汚部屋の引っ越しは、片付いた部屋に比べて損になるケースがあるようです。どのような不利益があり、影響を受けるのかを見てみましょう。

 

汚部屋は引っ越しの見積もりが高額になる

汚部屋の引っ越しは、業者の見積もりが高くなる傾向にあり、金銭面で損になります。引っ越しの料金を決定する条件の1つは、「荷物量」。

汚部屋は物が多く散乱しているため、引っ越しで持っていく物とゴミとの判別が困難になります。荷物量を多く見積る必要があるので、作業スタッフやトラックの台数が増えてしまい、引越し料金が割増になってしまうのです。

汚部屋の状態で見積もりを依頼すると、金銭面でのデメリットが発生します。

 

汚部屋は見積もりを断られるケースもある

金銭面のデメリット以外に考えられるのが、「見積もり拒否」です。支払いを増やせば金銭面をクリアできますが、見積もり拒否を受けると引っ越しができません。

引っ越し業者の立場で考えると、汚部屋は引っ越し当日の荷造りができているか、部屋が片付いた状態になっているかの見通しがつきません。片付いていない状態や荷造りができていない場合、通常よりも大幅に時間と労力が掛かるため、業者にとってリスクの高い案件になります。

リスク管理の観点から、汚部屋の見積もりを拒否するケースも見受けられるようです。

 

引っ越し前に部屋を綺麗にしよう

引っ越しの見積もりをしてもらう前に、部屋を綺麗にしておきましょう。綺麗に片付けておけば、「見積もり額が増える」「見積もり拒否」といったデメリットを未然に防げます。

また、汚部屋を他人に見せるという行為は、気持ちの良いものではありません。見積もり前の片付けは、自分自身と引っ越し業者が気持ちよく引っ越しするために、大切な作業です。

そして、部屋を綺麗に戻しておく作業は、部屋を借りている側の義務でもあります。

 

退去前の掃除は借主の義務

引っ越し作業が終わり部屋も片付いたら、「掃除」に取り掛かりましょう。部屋の借主は、清掃や修繕をした上で退去しなければなりません。

  • カビ・アカ・油汚れを落とす
  • 掃除機をかける
  • ゴミを全て捨てる
  • 家財を全て運び出す

少なくとも上記の清掃作業をした上で、部屋を返却しましょう。

 

貸主から費用を請求されることもある

通常の引っ越しでは、敷金から原状回復費用を差し引いた金額が戻ってきます。

しかし汚部屋のケースでは、水回りの特殊なクリーニングや、壁のカビなどによる特殊清掃や張り替え、補修費用が発生し、敷金を上回る場合があります。借主から追加の費用を請求されるケースも、あるようです。

 

汚部屋の掃除はプロに任せる!

「仕事が忙しくて引っ越し前の掃除が間に合わない」「自分一人では掃除をする自信がない」という方は、掃除のプロに任せるという手段もあります。業者に依頼すれば確実に汚部屋は綺麗になります。業者に依頼するメリットは次のようなものです。

  • 短時間で綺麗にできるので、引っ越しが迫っていても
  • 大丈夫水回りの頑固なカビやアカも綺麗に落とせる

まずは電話やメールで問い合わせてみることを、おすすめします。

 

見積もり前に汚部屋を脱出しよう

汚部屋での引っ越しには、多くのデメリットがありました。引っ越し業者に依頼する前に部屋を片付け、退去する前に掃除することがデメリットの回避につながります。時間があれば、自分で片付けや掃除するのも良いでしょう。

ただし、一人での作業に自信がない場合や、時間がない場合には、業者に依頼することをおすすめします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.