ブログ


食器洗いのコツは節水にあり!気になる節水のノウハウについて

蛇口

 

食器洗いのコツは節水にあり!気になる節水のノウハウについて

 

この記事を読むための時間:3分

 

食器洗いを行う際、大量の水を使っている方も多いのではないでしょうか?
水道代や環境のことを考えると、節水を意識したいところ。
やり方を変えるだけで使う水の量を減らせるかもしれません。

今回は食器洗いにおける節水のコツをいくつか解説します。
より効率よく食器洗いを行いたい方は一度チェックして頂きたいです。

 

食器洗いのコツを押さえる上で知っておきたい節水のノウハウ

節水のコツは数多く存在しており、食器洗いを行う際に上手く取り入れることが大切。
場合によっては無駄な工程を行っている可能性もゼロではありません。
早速ですが、食器洗いにおける節水のコツを紹介します。

 

洗う食器の順番を決める

皆さんは食器洗いを行う際、最初に何を洗っていますか?
節水のために洗う食器の順番を決めることが大事。
汚れの少ない食器から順に洗うことで使う水の量を減らすことができます。

汚れの多い食器から先に洗うと逆に汚れが広がってしまうかもしれません。
どの食器を最初に洗うかはその時々で変わります。

 

食べ終わった食器を重ねない

食べ終わった食器を重ねないのも節水のコツ。
油汚れのついた食器を重ねてしまうと、食器洗いの手間が増えてしまいます。
いかに手間を増やさないかが重要です。

 

事前に汚れを拭いておく

食器についた汚れを拭いているかどうかで食器洗いの手間が変わってきます。
節水を行うなら、キッチンペーパーや古くなった布などで汚れのついた食器を拭いておくと良いかもしれません。

 

米のとぎ汁などを取っておく

米を炊く時に出てくるとぎ汁。
米のとぎ汁を捨てている方も多いのではないでしょうか?
実は米のとぎ汁を上手く使うことが節水につながります。

食べ終わった食器を米のとぎ汁に浸すことで食器についた汚れを落とすことができます。
臭いが取れるのもポイント。
食器洗いを効率よく行うなら、米のとぎ汁をすぐに捨てないことをおすすめします。

 

つけ置き洗いを行う

食事が済んだ後、使い終わった食器をどのようにしていますか?
人によってはそのまま放置しているかもしれません。
汚れが乾燥してしまうと、落とすのに一苦労。

つけ置き洗いを行い、汚れを落ちやすくすることが節水のコツです。
汚れがこびりつくと、無駄に水と時間を消費してしまいます。

 

少量の洗剤で洗う

1回の食器洗いに使う洗剤の量も重要です。
人によっては洗剤を使い過ぎている可能性もあります。
大半の食器は少量の洗剤で洗えます。

大量の洗剤を使ってしまうと、すすぎに使う水の量が多くなるので注意しないといけません。
すすぎ一つで食器洗いにかかる時間が大きく変わります。

 

食器洗い機を使う

食器洗い機を使い、食器洗いの手間を省くのも節水のコツ。
人によっては食器洗い機を購入しようと考えているのではないでしょうか?
購入する際は台所に置くスペースがあるかどうか確認しないといけません。

また、食器洗い機の手入れを普段から行うことも大事です。
汚れを長いこと放置していると、臭いなどが発生します。

 

節水型の蛇口を使う

節水を行いつつ食器洗いを行うなら節水型の蛇口を検討したいところ。
一度に出る水の量を減らした状態で食器洗いを行ってはいかがでしょうか?
通販サイトなどで節水に使える商品が数多く販売されています。

 

食器洗いのコツと同時に知っておきたい節水のメリット

食器洗いのコツだけでなく、節水を行うことで一体どのようなメリットが得られるか知っておきたいところ。
最後に節水のメリットについて解説するので一度参考にして頂きたいです。

 

水道代の節約につながる

節水を行うことで水道代の節約につながります。
毎月の水道代は人それぞれ。
水道の使い方一つで水道代が大きく左右されます。

水道代を節約することで他のことにお金を回すことができます。
普段どのように水道を使っているか一度見直してはいかがでしょうか?

 

手の肌荒れを防ぐ

食器洗いなど、水仕事を行う際は手の肌荒れに注意しないといけません。
水に触れる時間を減らすことで手の肌荒れ対策につながります。
長時間の水仕事が苦手な方はゴム手袋の使用をおすすめします。

 

水不足の改善

水不足の改善も節水を行うメリットの一つ。
人によっては環境問題について関心を持っているのではないでしょうか?
日常生活を送る中でできることを一つずつ行うことが重要です。

 

まとめ

節水の仕方は数多く存在しており、できることから少しずつ始めることをおすすめします。
水道代の節約や肌荒れ対策など、得られるメリットも多いです。

また、食器洗いをいかに効率よく行うかが重要になってきます。
無駄な工程を省き、使う水の量を最小限にしたいところ。
これから節水を行おうと考えている方は食器洗いの仕方を一度見直してはいかがでしょうか?

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.