エコ洗剤・エコ洗浄によるエアコン・水まわりのお掃除は、はなえハウスクリーニングにお任せ下さい。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 03-5879-4156 【受付】9:00~18:00 不定休

ブログ


「弱酸性ボディソープ」と「浴用石けん」の違いとは?

ボディーソープ,弱酸性,石けん

 

弱酸性ボディソープと浴用石けんは何が違うの?

入浴するときに 必ず使っているボディソープや石けん。
「赤ちゃんの肌にも使えます 弱酸性」と謳っている弱酸性ボディソープや、

「お肌の弱い方や敏感肌の方はもちろん、小さいなお子様まで使えます」

と訴求している浴用石けん、

どちらもお肌にやさしく、それでいてキレイにしてくれる とても良さげなイメージがあります。
でも どちらが自分にとって良いのか? どちらを選択すべきか?迷ってしまいがちです。

弱酸性ソープと浴用石けんは、何が違うのでしょうか。
自分の肌や目的にあった洗浄剤はどう選べばいいのでしょうか。

今回は、自分にあった浴用製品選びの参考となるように、

弱酸性ソープと浴用石けんの特徴と違いについて触れてみます。

 

 

人の肌は弱酸性

肌,弱酸性

人の健康な肌のph値(水素イオン指数:酸性・アルカリ性の程度を表す物理量)は弱酸性です。

それは、肌を覆う皮脂膜が弱酸性だからです。

人の肌には常在菌(表皮ブドウ球菌など)が存在しています。

この常在菌が脂肪酸やグリセリンを作り出すことで弱酸性を帯びた皮脂膜が作られています。

この皮脂膜があるおかげで肌が保護されています。

常在菌は継続的に皮脂膜を生成することができるので、

人は常に肌を弱酸性に保つことができつつ、

皮脂膜のバリア機能によって肌を守ることができます。

この皮脂膜の生成は皮膚常在菌がいないとできません。

言い換えると、健康なお肌を保てるのは常在菌のおかげでもあります。

 

強い洗剤を使ったり、強くゴシゴシと擦ったりして肌を過度に洗浄してしまうと、

皮脂膜と常在菌が過度に減少してしまって肌トラブルに陥ってしまうことがあります。

 

 

石けんとは?

石けん,石鹸

本物の石けんは、天然の動植物の油脂と、

海水などから造られる苛性ソーダが反応することでできます。

反応すると「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」という界面活性剤ができます。

この天然の界面活性剤で造られたものが「石けん」と呼ばれています。

 

本物の「石けん」を基にして作られた液体のボディーソープの

パッケージには「カリ石けん素地」という成分が表示されています。

この「カリ石けん素地」が 脂肪酸カリウムからできた界面活性剤のことで、

この表示があれば 本物の液体石けんだと判断できます。

一例として、シャボン玉石けん株式会社が製造販売している

無添加ボディソープ」のパッケージをチェックしてみると、

成分には、「水、カリ石けん素地」の2つだけが表示されています。

他の成分は何もなくて、本当に無添加の石けんだと分かります。

 

石けんは弱アルカリ性

植物の脂肪酸(弱酸性)+苛性ソーダ(強アルカリ)=石けん(弱アルカリ)

という特徴になり、ph値(水素イオン指数)は10くらいになります。

そのため、石けんの性質は必ず弱アルカリ性で、弱酸性になることはありません。

 

石けんは油脂汚れの洗浄が上手

石けんが有している界面活性作用のおかげで、

油脂汚れを肌から引き離してキレイにする性質を持っています。

皮脂汚れやメイク汚れをしっかり落として、

肌をまっさらな状態をするには、石けんががおすすめです。

 

石けんは肌を傷めないの?

「弱酸性の肌」を「弱アルカリ性の石けん」で洗うことに抵抗がある人もいるかもしれません。

人の肌はアルカリ性に傾いても常在菌が働いて弱酸性に戻そうとする働きがあります。

長時間入浴したり、ゴシゴシと強くこすったりと、過度な刺激を与えずに、

正しく弱アルカリ性の石けんで洗浄すれば問題ありません。

 

皮脂汚れは「弱酸性」なので 「弱アルカリ性」の石けんで洗っても、

水で洗い流すと肌はほどなく「中性」になります。

もしも一時的に肌が「弱アルカリ性」に傾いても、

常在菌の働きや皮脂の分泌などによって自然に肌は「弱酸性」に戻ります。

 

温泉も弱アルカリ性

温泉,アルカリ泉

日本では古くから健康のために温泉が活用されてきました。

温泉の多くが弱アルカリ泉です。

弱アルカリ性のお湯につかることで、

皮膚表面の汚れや古くなった角質を自然に落としたりして、

皮膚疾患の改善や健康増進の役割を果たしています。

入浴中にお肌は一時的に弱アルカリ性に傾きますが、

健康な肌であれば 湯上り後は、

常在菌の働きと発汗作用によって肌は自然に弱酸性に戻ります。

 

 

弱酸性ボディーソープとは?

一般的な弱酸性ボディーソープは、合成界面活性剤と添加剤から造られています。

 

弱酸性 ビオレUウォッシュ

弱酸性,ビオレUウォッシュ

有名な弱酸性ボディーソープである

「ビオレ ボディUウォッシュ」の成分をチェックしてみます。

 

弱酸性,ビオレUウォッシュ

 


水、ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、

ラウリルグルコシド、ラウラミドプロピルベタイン、PG、

ジステアリン酸グリコール、エタノール、ラウリン酸、

コカミドMEA、PEG-65M、

(ジメチルアクリルアミド/メタクリル酸ラウリル)コポリマー、

ポリクオタニウム-39、PPG-2ヒドロキシプロピルトリモニウムセルロース、

PEG-14M、ラウレス-16、ラウレス-4、ラウレス硫酸Na、アルムK、

エチルヘキシルグリセリン、リンゴ酸、クエン酸、水酸化Na、

安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料


たくさんの化学物質と添加剤が入っていることが分かります。

 

ラウレス硫酸アンモニウム

成分一覧の中に「ラウレス硫酸アンモニウム」と表記されています。

これは慣用名で正式の成分名は、

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液と言います。

ラウレス硫酸アンモニウムは陰イオン系の合成界面活性剤です。

強い脱脂力と泡立ちが特徴で、高い洗浄力があります。

一般によく知られている合成界面活性剤の1つに、

ラウリル硫酸ナトリウムがありますが、

肌に浸透して肌荒れを起こし問題となる欠点があります。

この欠点を緩和したのが「ラウレス硫酸アンモニウム」です。

 

酸性物質を添加

合成された化学物質や合成界面活性剤で造られた溶液に、

リンゴ酸やクエン酸などの賛成物質を添加しています。

この添加剤によって弱酸性を維持しています。

 

なぜ弱酸性にするの?

健康的な肌は弱酸性です。

日本ではメーカー各社が競い合うように、

「人の肌は弱酸性だから、同じ弱酸性のボディソープが肌にやさしい」と、

広告でアピールするようになり、弱酸性の商品がメジャーになりました。

弱酸性ボディソープ自体には刺激が少ないものが多いので、

敏感肌や乾燥肌などのお肌にはよいといえます。

 

合成界面活性剤と添加剤

弱酸性ボディーソープにはたくさんの化学物質が含まれているので、

人の体質と成分の相性によって次のようなデメリットもあります。

一般的な弱酸性ソープの主成分には、

ラウレス硫酸アンモニウムなどの合成界面活性剤が使われています。

ラウレス硫酸アンモニウムのような合成界面活性剤は、

強い脱脂力と泡立ちが特徴ですが、

人によっては洗浄力が強すぎるという一面もあります。

場合によっては、角質や皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。

必要な皮脂まで過度に取り除いてしまい、

肌の表面にある角質層の健康を損なってしまう場合があります。

 

また合成界面活性剤と併せて配合された

添加剤が肌にぴったりと貼りつくことで

使用感が良くなっている弱酸性ソープがあるのですが、

特定の添加剤にアレルギー反応が出てしまう体質の方にとっては、

使用を避ける方がいいかもしれません。

 

 

含有成分のチェックが大事

弱酸性ボディソープと浴用石けんはどちらも

「人の肌にやさしく」をコンセプトとしている製品です。

なので、敏感肌や乾燥肌の方にとってはどちらも候補に入ります。

 

次に含有している成分によって、どちらがいいかを探ります。

ボディーソープなどの入浴用洗浄剤における肌トラブルの原因は、

・皮脂の取りすぎ

・化学物質・添加剤に対する過敏反応

の2つが挙がります。

 

皮脂を取り除く機能は、界面活性剤が果たしています。

石けんボディソープでは「カリ石けん素地」が働いて、

弱酸性ボディソープでは「合成界面活性剤」が働きます。

石けんの「カリ石けん素地」は洗浄力は穏やかで、

正しく使えば「皮脂の取りすぎ」が起きません。

動植物の油脂とアルカリと天然素材だけで造られていることから

アレルギー反応も出にくいです。

 

弱酸性ボディソープの「合成界面活性剤」はクレンジング力が強くて、

使う人の体質によっては「皮脂を取り過ぎる」ことがあります。

また合成された化学物質や添加剤を多く含有しているので、

特定の肌疾患にお悩みの方にとっても相性が悪い場合があります。

 

 

オススメの無添加石けんボディソープ

これまで合成界面活性剤や添加剤に悪い反応が出たことが無い、

という人にとっては弱酸性ボディソープは役立つ いい製品なので、

香料や添加剤の特徴をチェックして自分好みのものを見つけて下さい。

 

一方で合成界面活性剤や添加剤が心配な方は、

本物の石けんで作られたボディソープを候補にしつつ、

さらに香料などの添加剤が入っていない、

いわゆる「無添加」の石けんボディソープを試してみてはいかがですか?

 

無添加ボディソープ

 

シャボン玉石けん株式会社の「無添加ボディソープ たっぷり泡」をオススメします。

同社は、化学物質や合成添加物を一切含まない、

無添加石けんの製造にこだわっているメーカーです。

 

合成界面活性剤が入っている普通のボディソープと比べると、

泡立ちがイマイチに感じられるかもしれませんが、

石けん本来の洗浄力で汚れを落とせます。

水とカリ石けん素地以外は何も入っていない無添加なので安心して使えます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.