ブログ


共働き夫婦必見!家事が楽になる間取りの選び方

間取り

 

共働き夫婦は家事動線を意識した間取り選びを!

 

この記事を読むための時間:3分

 

仕事が忙しい共働き夫婦で「仕事と家事の板挟みで休まる時間がない」「忙しくて家事をする時間がない」といった悩みを持っている方はいませんか?

お互い忙しくて家事分担が原因で揉めるなんてこともあるでしょう。

そんな共働き夫婦の悩みの芽である家事を楽にする間取りが存在するのをご存知ですか?

それは家事動線のいい間取りです。

本記事では家事の時短につながる家事動線のいい間取りについて紹介していきます!

家事で悩んでいる共働き夫婦の方は参考にしてくださいね。

 

家事動線が工夫されている間取りとは?

家事動線とは掃除や料理、洗濯などの家事をする際の人が動く経路を表したものです。

洗濯物を例にすると、洗濯機から衣類を取り出して物干し場へ向かう経路、その移動経路が洗濯の家事動線となります。

要するに家事動線が工夫されている間取りとは、家事がスムーズにおこなえるような間取りのことです。

逆に家事動線が悪い間取りは家事をする上で無駄な動きが多くなり、家事効率が下がってしまいます。

つまり間取り選びは家事効率を左右する重要なポイントなのです。

 

家事動線を工夫した間取りのアイデア例

実際、家事動線のいい間取りとはどんな間取りなのでしょうか?

以下で家事動線を工夫した間取りのアイデア例を見ていきましょう。

 

オープンキッチン

オープンキッチンは作業しながらリビングやダイニングの様子を把握できます。

小さな子供がいる家庭では、お子さんから目が離せないときもありますよね。

そんなときも作業しながら子どもたちの状況を逐一把握できるので助かります。

 

アイランド型キッチン

アイランド(Island=島)型キッチンは、その名の通り壁から離れ、島のように配置されているキッチンのことです。

アイランド型キッチンは左右から出入りできるため、複数人での作業がしやすいというメリットがあります。

家族が手伝いやすいので料理の時短につながります。

 

水回りを近くに集める

水回りが近くにある間取りは家事の時短になります。

なぜなら朝は弁当や朝食作りにキッチン、身支度に洗面所などを動き回りますよね。

夜も夕食作りにキッチン、洗濯物の取り入れ、お風呂掃除など、水回りを多く利用するはずです。

使用頻度の高い水回りが近くにあれば、家事の時間を短縮できます。

 

適材適所に収納を配置

適した場所に収納が配置されている間取りは、片付けや物を探す際に非常に助かります。

ただ収納が多いのではなく、玄関に靴をしまえるような収納、キッチンに備蓄品や食器をしまっておける収納など、適切な場所に存在することが重要です。

間取りを選ぶ際は収納の位置にも注目してみましょう。

 

ファミリークロークの設置

ファミリークロークは家族の衣類を一箇所にまとめるクローゼットのことです。

畳んだ洗濯物を1つのクローゼットに収納するだけなので、仕分けの手間を省けます。

また、洗濯機のある洗面スペース、物干し場も近くに設置できれば、洗濯家事の大きな時短になります。

 

室内物干し

室内で物干しができる場所があれば、取り出した洗濯物をすぐに干せて便利です。

除湿乾燥機があれば、洗濯物が乾きにくい寒い時期にも外に出る必要がなくなります。

洗濯機のある洗面スペースの上部などに設置している間取りが多いです。

 

忙しい共働き夫婦だからこそ間取りは重要

今回は家事動線のいい間取りのアイデア例を紹介していきました。

共働き夫婦の毎日は仕事・育児・家事に追われ苦労する毎日でしょう。

そんな共働き夫婦だからこそ、間取り選びは重要です。

間取りを選ぶ際は家事動線を意識し、スムーズに家事ができる環境を作り上げてくださいね。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 はなえハウスクリーニング. All rights Reserved.